フォト

ようこそ!

  • ◆このブログは管理人マメヲが、いきもの写真、いきもの本の紹介などしながら自由に書き綴っています。 かわいい犬・猫から深海魚やら寄生虫などマニアックないきものまで色々書いています。 ご用と急ぎでない方は、ちょっと見ていってくださいな!

    ◆最近ブログ更新遅れ気味…。ココログ広場のアバターでのつぶやきも遅れ気味…(画面右サイドに表示されてます。)もっとがんばるぞ〜。

    ◆コメントは承認制です。送信してもすぐには表示されません。

    ◆このブログはリンクフリーです。

    ◆開設日: 2009/03/12

にゃんこはうす

東北地震犬猫レスキュー

いつでも里親募集中

管理人の別ブログ

お気に入りリンク

2011年12月 8日

TTM48!

新しいアイドルグループがデビュー! その名も「TTM48」!!
それでは歌ってもらいましょう、デビュー曲「お天道様に恋してる」!!

Pb290813_2

ぞわぞわぞわ…

今年も廊下の窓にテントウムシが越冬しに集まってきましたよ。春先の記事では「キモイ」と大不評だったので、ちょっと遠目に撮ってみました。

前回のキモイ写真はコチラ

真ん中辺りの細長い薄茶色のはカメムシです。お腹見せてます。プロデューサーのクサギ カメム氏(笑)

窓の外にも何匹か飛んでいたので、もしやと思い外へ出てみたら…

Pb290817

やっぱり外壁もぞわぞわしてました。黒い点々みんなテントウムシです。

Pb290819

こっちの方が分かりやすいかな。

Pb290822

うん、テントウムシは個体で愛でるものですな。


web拍手♪:ポチッとよろしく!

2011年5月31日

大和撫子の底力

台風、凄かった…皆さん、お住まいの地域は大丈夫でしたか??

で、ソッコー梅雨の足音が…。
洗濯物が外で干せないと〜すんごく腹が立つワシ。乾かんのじゃあ〜ッ!!

気分転換に、晴れた日に撮った写真をば。

P5250493

庭に広がったクローバーフィールド。

P5250494

真ん中の花に注目〜。ミツバチさんがやって来ました。ブンブン♪
可愛いね〜。

そういえば、働きバチは、全員女子なんですよね。
そして、ミツバチの天敵はスズメバチなんですが、ニホンミツバチはこの強敵を、みんなで力を合わせて退治しちゃう。

どうやって退治するかというと、巣にやってきたスズメバチに一斉に群がって包み込み「蜂球」をつくり、蒸し焼きにしちゃうのです。
蜂球の中の温度は48℃前後にもなるそうです。ミツバチは48~50℃まで耐えられるので、温度差を上手く利用しているんですね。
群れの力は凄いです。一致団結することで、自分の、みんなの命を守るんですね。

そういえば、人間の女子は群れる生き物、群れないと行動できない、なんて言われる事もありますけど、それが女子の強みですよね。ね?


参考>>
ウィキペディア:ミツバチ

2011年4月14日

テントウムシうじゃうじゃ

4月になり、ようやく庭の雪も融け、春らしくなってきました。
冬の間、閉めっぱなしだった窓をあけてみると…

P3280247

sign02
…分かりますかね? 窓のサッシのすみっこに、テントウムシうじゃうじゃうじゃ…
みんなで集まって越冬してたんですな。
色んな模様の子がいるから、ナミテントウだと思われ。

でも、まさかこんな所にいたなんて! 全然気付かなかった〜。
ちゃんと南側の一番暖かい場所を見つけて、カシコイね。

発見した日から徐々に暖かくなってきたので、ちょこちょこ動き出す子もいます。
窓は、少し開けておくから、いつでも外にでるといいよ。
また寒くなったら、休みにおいで。

参考>>
昆虫エクスプローラ:ナミテントウ

2010年12月 2日

お母ちゃんカマキリ

Pb160075

このカマキリさん、お腹も大きいし、産卵間近のメスかも?
ここ最近この付近から離れなかったので、この辺で卵を産むのかな??
ガンバレ、お母ちゃん!

…と応援していたら。

Pb210078

側に置いてあった、壊れたコート掛け改めカサ掛けに産卵開始!
つーか、カサも巻き込んでるしcoldsweats02
さすがに手が出せなかったので、とりあえず見守ることに。

夕方から産みはじめ、日が暮れてもまだ終わらない…

Pb220080

翌朝、まるっと立派な卵ができあがりました。
お母ちゃん、がんばったね!happy02

カサもくっついていたのですが、次の日には分離しました。
よかった。

産卵後、お母ちゃんは数日間卵の付近にいましたが、そのうち姿が見えなくなりました。
大きな仕事を終え、旅に出たのかもしれません。

お母ちゃんの残した卵、ちゃんと孵るまで、見守っていくね。

2010年9月23日

めし処 ご〜屋

P9150236

今年の夏も「めし処 ご〜屋」にご来店下さり、誠にありがとうございました。
特に、こちらのカマキリ様。

P9150238

早朝から大きなエモノと長いことにらみ合い、見事にゲット。
夕方まで時間をかけてゆっくり味わいながらモシャモシャ召し上がられました。今年のよか食べっぷり大将に決定ですrestaurant

P9150240_2

今シーズンの営業は先週いっぱいで終了となりました。来年の夏もゴーヤが実り次第開店致しますので、たくさんの生きものさんのご来店、お待ちしております。
「めし処 ご〜屋」店長:マメヲの母より。


2010年6月 8日

カマキリ、生まれたよ

先日、庭で生まれたニューフェイス!
よ〜く見て下さいね、小さいですよ…

P6040009

そう、カマキリの子供たち〜clover
卵から孵ったばかりで、本当に小さい。1センチあるかな?

P6040010_2

真ん中の丸いのが卵です。まわりに子供たちがたくさんいますね〜。
下の方に脱皮した抜け殻がぶらさがっています。

写真を撮っていたら、トカゲがやって来ました。
カメラを向けたら隠れちゃいましたが、まだ小さい子でした。
カマキリを狙って来たのかもしれません。

たくさん生まれたカマキリたち。だけどトカゲやクモに食べられたりして、生き残るのはほんの数匹になるでしょうね。
でも、生き残った強い子たちが卵を生んで、大きくなった子が卵を生んで…食べられた子達も、その生き物の一部になって生きて…
命は巡って、いつもどこかで生きているんですよね。

人間は割と長生きな方なので、生き物たちの命が巡るようすを見守ることができるのが、ちょっとうれしいです。


ウィキペディア:カマキリ

2010年6月 1日

虫だゾウ〜

先日、家にやってきたお客さん。

P5180187

ゾウムシです。
ゾウのようなお顔がチャームポイント。
歩き方も「のしのし」って感じで、まさにゾウさん。

P5180185

体長2センチ程。オオゾウムシのようです。
日本にいるゾウムシの中でも大きな種類の子。
威風堂々。だけど特技は「死んだフリ」だったり。

P5180183

おしりの方。まるっこいボディが愛らしい。
体はとっても固く、標本用の針さえも防ぐという、かなりの防御力。
何ともステキなお方です。

オオゾウムシ:体長1.2〜2.5センチ。ゾウのような顔は木に穴をあけてその中に産卵するため。人を刺したりはしないが、切り出した丸太などの樹皮を剥かないでおくとメスが卵を産みつけ、幼虫が大穴をあけてしまうことも。クヌギ、ヌルデの樹液のほか、ビールも好むというオトナの雰囲気漂う昆虫。

参考>
講談社編:日本の生きもの図鑑
ゾウムシの小部屋:オオゾウムシ
昆虫エクスプローラ:オオゾウムシ

2009年11月18日

カメムシいろいろ。

今日は久しぶりの小春日和。
窓の外には青空が広がって…

Pa210559

………。
って、カメムシかい!

Pa210558

しかも、よく見たらひとつの網戸に5匹いるし!
こいつは、クサギカメムシですな。

こんな暖かい日中は、カメムシ天国と化す我が家。
冬を越すために、ちょうどいいねぐらを探して家中を闊歩しとります。

草食性だし別に人を刺すわけじゃないのですが、ですが…!

臭いねん、お前ら!!

カメムシはビックリした時に悪臭を放つので、驚かしたりしなければ大丈夫なのですが、
物静かでゆっくり歩くもんだからいつのまにか側に来ていて、うっかりプチッ…とかしちゃうんですよ!

しかも、狭くて暖かい所に潜むから、本棚から本を取り出したら一緒に出てきたときは思わず叫びそうになりましたがな。

カンベン、してください…bearing


ところで、地方によってカメムシの呼び方が「ヘコキムシ」「ヘヒリムシ」など色々あるみたいですが、私のまわりでは「クサムシ」ですね。
子供の頃、図鑑で「クサムシ」が索引に載っておらず、写真を見て探して、やっと「クサギカメムシ」に辿り着いたという…。
本名がクサギカメムシだから略してクサムシ、と呼んでいるのかな?
なんて子供心に考えて感心したりしたもんです。

まぁ、ただ単に臭いからだろうけど。


余談ですが。
カメムシはカメムシでも、肉食のサシガメには、注意してくださいね!
カメムシの胴体をスリムにした感じのヤツですが…
刺します!
かなり痛むらしいです。
特に中南米のサシガメは感染症を引き起こすことも…!

「カメムシだからって、ナメんなよ!」
…みたいな?

参考資料
講談社編:日本の生きもの図鑑
曳地トシ・曳地義治: 虫といっしょに庭づくり―オーガニック・ガーデン・ハンドブック
早川いくを:またまたへんないきもの(オオサシガメ)
目黒寄生虫館+研究有志一同:寄生虫のふしぎ ―頭にも?意外に身近なパラサイト― (知りたい!サイエンス)
ウィキペディア:カメムシサシガメ

2009年9月19日

小さい秋動いてた♪

庭にヒガンバナが咲き始めました。
Dcf_5440
秋ですねぇ。


朝方の寒い時にザトウムシが来るようになりました。

P9180007_2

分かりますか? 丸い体に細長い脚が。
ゆらゆら歩く姿は見ていて楽しいです。

涼しくなってくると家の周りを歩いている姿を見かけるようになるので、このゆらゆらを見ると
「あぁ、秋が来たなぁ」
と感じます。


ところで、ザトウムシはダニの仲間なんですね。
小さい頃からずっとクモだと思ってました。名前も「ザトウグモ」かと。
(だけどウィキペディアには「クモの仲間」って載ってる…どっち??)
結構キレイ好きらしくて、この細〜い脚をよくトリミングしているとか。


いやぁ、面白いですねぇ。


参考資料>>
早川いくを:へんないきもの
昆虫ブログ むし探検広場 : 髪の毛のような脚を持つ生き物
ウィキペディア:ザトウムシ

ところでシルバーウィーク、何します?
私は、「ねこぶくろ」に行ってきますcat
またにゃんこ写真撮りまくって来ますぞ〜♪

2009年9月14日

カマキリ大きくなりました。

肌寒い朝、網戸の外にカマキリが。

P9110331

かなり大きい。
以前「オチビサン。」「オチビサンすくすく成長。」で紹介した子だったりして。

網戸を開けて「おはよう」と声をかけたら、顔をこちらに向けて「誰アンタ?」顔。

P9110332

カマキリの、首をかしげたりする仕草は、とんでもなくカワイイです。

P9110333

その他のカテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

スポンサーリンク


無料ブログはココログ

Sponsored Link