フォト

ようこそ!

  • ◆このブログは管理人マメヲが、いきもの写真、いきもの本の紹介などしながら自由に書き綴っています。 かわいい犬・猫から深海魚やら寄生虫などマニアックないきものまで色々書いています。 ご用と急ぎでない方は、ちょっと見ていってくださいな!

    ◆コメントは承認制です。送信してもすぐには表示されません。

    ◆このブログはリンクフリーです。

    ◆開設日: 2009/03/12

東北地震犬猫レスキュー

にゃんこはうす

いつでも里親募集中

お気に入りリンク

  • ヒトと愛猫の生活情報誌「ねこのきもち」
    ねこのきもち

    犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
    PEPPY

    Amazon

広告

無料ブログはココログ

« 寄生虫のひみつ | トップページ | 実りの秋、堪能 »

2009年11月18日

カメムシいろいろ。

今日は久しぶりの小春日和。
窓の外には青空が広がって…

Pa210559

………。
って、カメムシかい!

Pa210558

しかも、よく見たらひとつの網戸に5匹いるし!
こいつは、クサギカメムシですな。

こんな暖かい日中は、カメムシ天国と化す我が家。
冬を越すために、ちょうどいいねぐらを探して家中を闊歩しとります。

草食性だし別に人を刺すわけじゃないのですが、ですが…!

臭いねん、お前ら!!

カメムシはビックリした時に悪臭を放つので、驚かしたりしなければ大丈夫なのですが、
物静かでゆっくり歩くもんだからいつのまにか側に来ていて、うっかりプチッ…とかしちゃうんですよ!

しかも、狭くて暖かい所に潜むから、本棚から本を取り出したら一緒に出てきたときは思わず叫びそうになりましたがな。

カンベン、してください…


ところで、地方によってカメムシの呼び方が「ヘコキムシ」「ヘヒリムシ」など色々あるみたいですが、私のまわりでは「クサムシ」ですね。
子供の頃、図鑑で「クサムシ」が索引に載っておらず、写真を見て探して、やっと「クサギカメムシ」に辿り着いたという…。
本名がクサギカメムシだから略してクサムシ、と呼んでいるのかな?
なんて子供心に考えて感心したりしたもんです。

まぁ、ただ単に臭いからだろうけど。


余談ですが。
カメムシはカメムシでも、肉食のサシガメには、注意してくださいね!
カメムシの胴体をスリムにした感じのヤツですが…
刺します!
かなり痛むらしいです。
特に中南米のサシガメは感染症を引き起こすことも…!

「カメムシだからって、ナメんなよ!」
…みたいな?

参考資料
講談社編:日本の生きもの図鑑
曳地トシ・曳地義治: 虫といっしょに庭づくり―オーガニック・ガーデン・ハンドブック
早川いくを:またまたへんないきもの(オオサシガメ)
目黒寄生虫館+研究有志一同:寄生虫のふしぎ ―頭にも?意外に身近なパラサイト― (知りたい!サイエンス)
ウィキペディア:カメムシサシガメ

« 寄生虫のひみつ | トップページ | 実りの秋、堪能 »

カエル、虫、魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カメムシいろいろ。:

« 寄生虫のひみつ | トップページ | 実りの秋、堪能 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

管理人の別ブログ

スポンサーリンク

メールフォーム

Sponsored Link